HOME>オススメ情報>堺市の歯科医に通うメリットと歯周病の初期症状

堺市の歯科医へ通うメリット

痛くなってからではなく、堺市の歯科医へ定期的に通っていれば、歯周病や虫歯を早期に発見でき口腔内の環境を良好に保てます。

歯周病の兆候?項目チェック!

  • 朝起きた時に口の中がネバネバする
  • 歯磨きをした時に歯茎から出血する
  • 歯茎に部分的に赤くなっている箇所がある
  • 歯茎にむず痒さや痛みを感じることがある
  • 歯茎がブヨブヨして歯が浮いた感じがする
  • 歯茎の位置が下がり歯が長くなったように見える
  • 歯の隙間が広がり食べ物が詰まりやすくなった
  • 冷たいものを食べると歯にしみる
  • 歯と歯の間の歯肉が腫れたように丸みを帯びている
  • しっかり歯磨きをしても口臭が気になる

非常に数多くの種類に分けられる

歯科治療

歯周病は口内で発生する様々な症状の総称のことで、実際はいくつかの種類に分かれます。代表的なものとしては、歯が炎症を起こす歯肉炎や、その症状が骨にまで影響する歯周炎が挙げられます。それぞれさらに細かい分類が可能で、具体的な症状は異なります。したがって堺市の歯科医でも、症状に合った治療が行われます。ただどの種類であっても、進行すると歯茎が後退して、歯の隙間が見えるようになることが多いです。そしてなんの対策もせずに放置しておくと、歯が抜けてしまう恐れもあります。

対策の基本は原因の除去

診療室

歯周病の中でも歯肉炎の場合は、異常は歯茎だけに留まっている状態です。そして原因となるのは、菌の温床となっている塊のプラークであることが多いです。もし症状がそこまで大きくなければ、ブラッシングによるプラーク除去のみで改善できる場合もあるので、堺市の歯科でも指導で済ませられる可能性があります。ただプラークは時間が経過すると固い歯石へと変化し、ブラッシングでは到底落とせない状態になります。そんな時は専門的な技術やレーザーを用いて取り除く処置が行われます。また症状が進行した歯周炎だと、骨が破損してしまっている状態なので、自然治癒は難しいです。あまりに酷い症状は、再生医療としてまず骨を復元した上で、歯茎の改善に移る場合もあります。

広告募集中